また会いましょう。
by psychedelicious
カテゴリ
戯言の掃き溜め
 男子校
 春嫌い
 さよならの詩
 ハイイロ論文日記
 生活苦
割腹-ハラワリ-
連合弛緩
人トナリ
雑記帳
以前の記事
<   2004年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
3択の女王・竹下景子に伺いたい。
久々に実家に帰省しました管理人です。

「実家に帰省」って「馬から落馬」的な誤用ですか?
実家以外に帰省できるのか?はて。



突然ですが、近所づきあいの危機なのですよ。


ことの始まりは、ワタクシの趣味である観葉植物なのです。

ワタクシ高校くらいのころから観葉植物が好きでして、
冬場は部屋で、あったかくなるとベランダで、
大量の葉っぱたち(現在20種類くらい?)を飼っておるんです。

面倒くさいからベランダと言っちゃうんですが、
正確には私のアパートにはベランダがなくてですね、
玄関側の、ドアの前の通路的スペースで飼っておるのです。
2階なんですが、階段を上がって一番奥の部屋なので
通路を占領しても問題ないわけですな。


さて、そのスペース、お隣のお宅の2階から丸見えなんですが、
朝起きて葉っぱたちに水をくれておると
窓を開ける旦那さんやお布団を干す奥様に会ったりするわけですよ。

んで先日、
「あら、観葉植物はアナタのご趣味?」とかなんとか聞かれまして
「えぇ、まぁ」とかヘラヘラと答えたところ、
「じゃぁうちのアロエをひとつ差し上げるわ」とか
「食べられる種類だから持ってるといいわよ」的なことをおっしゃりまして、
正直断りたかったのですが、話の流れでいただくことになりました。

なんで断りたかったかというと、
いただいておいて枯らしてしまうと申し訳ないからです。
丸見えな位置にあるぶん、枯れたときもごまかしようがないわけで。
この手のお申し出は大変ありがたいのですが。

今回断れなかったのは、実は以前、
旦那さんのほうからも一度同じようなお申し出をいただきまして。
その時はお断りしたんですが、
せっかくの好意を断ったのが気にかかっていたわけですな。
というわけで、あいまいな形でお申し出をお受けしました。

で、ある日自宅に戻りましたところ、
部屋の前にアロエの鉢が置いてありました。
おそらく奥さんが届けてくださったんでしょうな。

近いうちにお礼に伺わねばなぁと思っていたのですが、



賢明な読者の皆さまがお気づきのように。




枯れた。


なんか根元から腐れた。


・・・アロエなんてそうそう枯れねぇっつーの。
オレの管理が悪かったのか、
いただく前に株分けに失敗しているのか。



・・・ともかく、お礼もしないうちに枯れてしまったこの葉っぱ、
どうしたらいいと思います?


1.見えないところに隠して全部食べたことにする。
2.同じ種類を買ってきて元気なように見せかける。
3.全てを忘れて旅に出る。



はて。
[PR]
by psychedelicious | 2004-07-06 02:18 | 戯言の掃き溜め