また会いましょう。
by psychedelicious
カテゴリ
戯言の掃き溜め
 男子校
 春嫌い
 さよならの詩
 ハイイロ論文日記
 生活苦
割腹-ハラワリ-
連合弛緩
人トナリ
雑記帳
以前の記事
正直スマンカッタ。
みなさまオハヨウゴザイマス。
「続編を書かない男」の代名詞、管理人でございます。

徹夜明けの空がまぶしいぜ。

まぁそのー、なんつーか前編とかいって書いたはいいけど
日をおいちゃうと書き始めたときの情動が消えうせたり、
前の話とのつながりが作れなくなっちゃったり、
書き始めたときのオチが頭から抜け落ちたりするわけですが、
表題の件はそのことでは全然なく。(いや、反省しろ)

前回の続き、ロックインジャパンフェスの記録。
心に残ったあの一曲。のことなのですよ。

…前回の書いた直後に、一緒に行った2人のツレのうちの一人が
 猛烈なカゼをひいてしまってそれの看病と、その後帰省しちゃって
 ぜんぜん更新できなかったんです。ハイ言い訳おわり。


6.singer songer
coccoがやってる、あのバンドですな。くるりの人たちと。
見た目すごく大人になってたのにも驚いたんですけど、
ものすごく素な人で、イノセントなままステージに立ってることに驚きました。
芸能界ってところにいる人にはとても見えなかった。

前に一度活動を休止されたそうですけど、
あれだけナイーブな人が芸能界にいるのは
きっとものすごくしんどかったろうなぁと思います。

今はすごくいい人たちに囲まれて、大好きな歌を歌ってる感じがして
とてもいい顔で歌っていたのでなんだかうれしくなっちゃいました。
ぜんぜん彼女のこれまでとか知らないんですけどね。


7.RYUKYU DISCO
この日、唯一見たDJのアクト。
まったく知らなかったんですが、詳しいツレに連れて行かれて
とっくに満場だった会場に分け入って、前から2列目で踊り狂って来ました。

自分がパフォーマンス志向の人だからなのかなんなのか、
この人たちのアクトつきのパフォーマンスはとても面白かったです。

MCっつーかなんつーか、曲に合わせて歌うおねぇちゃんがいて、
曲によっては蛇味線弾いたり楽器たたいたり。見てて楽しい。
そんだから踊ると楽しい。

当日会場にいらしたみなさん、あとからきて前列で
阿波踊り状のおかしな踊りを踊っていた迷惑な人間はワタシです。

ごめんなさい。でも楽しかったw


8.Mr.children
で、これですよ。

ごめん、オレ正直ミスチルなめてたよ。ほんとすまん。土下座。

だって泣きそうだったんだもの。

ほんと正直スマンカッタ。

なんかね、自分ね、ぜんぜん期待してなかったのよ。
そら売れてるんだからなんかいいトコあるんだろうなぁと思いつつ、
最近出してた曲はあまり良さがわからないなぁ、年かしらねぇ、なんつって
当日もぼんやりしてて、ずーーーっと後ろのほうで聞いてたんですけど。

直撃。

なんだろ、なんか知らない曲だったんだけど、
ツレに聞いたら曲名は「and I love you」とかなんとか。
それのメインフレーズ聞いたらぐわっと。こみ上げるものが。

それまでビール飲みすぎで眠気と戦ってたツレも、
同じその瞬間から涙と戦ってたそうです(尿意とも戦ってたらしいが)

んでそのモードに入ってから、その後の曲ぜんぶ危うくて。
涙をこらえながら歌を聴いたのなんてえらく久しいですよ。

ものっすご後ろのほうだったんで、顔なんてぜんぜん見えない距離で、
表情見るにはスクリーン見るしかなくて、そらもう遠かったんですが、
感情のオーラがぶわっと。飛んでくる感じ。

ぐわっとかぶわっとか多いけども、とにかく感動したんですわ。

心が乗ってる歌ってのをちゃんと聞けて、本当にいい時間でした。
大満足。


さて、そんなわけで、いろいろ幅広く遊べて大変楽しかったです。

ほんとぜんぜん興味なかったんですけども、予想以上に楽しめました。
ツレ2人が詳しい人だったのもあって要領よく動けたのもありがたかった。

まだ行ったことがないという方、ロックフェスをぜひ一度オタメシアレ。
[PR]
# by psychedelicious | 2005-08-18 06:19 | 戯言の掃き溜め